防音室制作

早くも7月!
今年のやりたかった事、半分も出来てるだろーか?
出来てないよねー。
後半ペースアップしますよー。

さて、6月は、久々に防音室発注があり、設計、製作、施工やりました。
完全オーダーメイドというか、部屋に合わせて設計したので、多少厄介でした。
お客さんは、某sax奏者、注文的にはマンションの一室(6畳)で管楽器(sax,トロンボーン、他)が吹ける環境で、2畳以上の広さという事でした。
saxは〜100db以上の音出ますので、かなり慎重に設計しました。
まず現地で、その部屋の形状、防音性能、床、天井、など調査。
現場が横浜だったので、丸一日仕事ですね。

調査を元に考えると、-35dbは最低必要と判明。
が、余裕をもって-40db目標で設計を始める。
設計はCAD使えればいいんだけど、使えません。
というか別に設計士じゃないからね(笑)
ので、手書き!アナログ!
それでも数十ページに及び、CAD習得しようかなぁ〜とふと思う。

その後、今回は木工基礎部分はすべて知り合いの会社に依頼して制作。
(というか、今はそれだけの物を制作するスペースはうちに無い)
といっても、予算の都合上、その会社の工場に自分も通い、制作。
つまり、それである程度の人件費を削減したというわけ。

思ったより苦戦しつつ、数日工場にも通い、なんとか木工基礎部分は完成。

ところが、問題もあって、木工以外の材料は、僕が全て発注するのですが、
震災の影響で、まずグラスウールが手に入らない。
そしてドアの取手も入荷待ちで、間に合うかどうかわからない。
グラスウール系吸音材も入荷待ち、、、。
参った、、、、。
不安だったのだけど、なんとか2日前に全てが揃った!(ふぅ〜)

そしてようやく施工。
今回は、一日で完工させる為に、かなり緻密に作り込んでは来たが、、
なかなか厳しかった〜
まず暑さ!
汗が、滝のように流れる。(この日体重が3kg減ってましたw すぐ戻ったけど)
あと、搬入。
遮音シートやボードなど重い物が多いので、さすがに大変。
目標は9:00~17:00
結果は9:00~21:00
・・・・・
まぁ、まずまずですかね、、。
制作の為に人も頼んでいたので、その分、人件費がかさみましたね(泣)

でも出来上がりは、いい感じでした。
設計通り、1mmの狂いも無く、ピタリと収まったし。
音も聴感上は-45dbくらいじゃないかな、、、と。
今回は外観、機能性ともクオリティ高かったと思います。

スペック
広さ:内寸1550×2134 ,外寸1730×2330 (約2畳半弱)
高さ: 室内,約2030 外寸2230
床:無垢材フローリング
天井:吸音性ボード
照明:シーリング設置
電気:コンセントボックス
換気:オリジナル排気換気扇ボックス+オリジナル吸気換気扇ボックス
ドア:ローラー絞りハンドル仕様、表面デザインポリ仕様。
他:エアコン用パイプ穴加工、アクリル表札、無垢材反射板、グラスウール系吸音材。
c0068732_17341437.jpg
c0068732_173313.jpg
c0068732_17324680.jpg

c0068732_17355413.jpg


今年はもうひとつ発注きてます。
そろそろ設計しなければな、、、感じです。
もう本当に何屋なんだかわかりません(笑)

防音室専門業者ではないのですが、個人レベルで防音室考えてる人は、ご相談のりますよ。
音楽活動もスタジオ仕事もあるので、速攻対応とはいきませんが、、、、。
[PR]
by plusfactor | 2011-07-02 17:45 | DIY編
<< TAN×TELL リハ+7/... 男は眠る ぶら下がり眠る >>