HIROCINEMA@PENGUIN HOUSE終了

c0068732_8514680.jpg

ご来場の方々、ありがとうございました。
関係者各位、メンバー、スタッフ、お疲れさまでした。

ライブ前日はperのレコーディング(hirocinema)で、頭の中は音源の音像が渦巻いて、なかなかライブモードに切り替わらなかったんだけども、夜中になってようやくライブモードへ。
そのままブースで3時間程個人リハ、いつもの事だが、エフェクターの選択に悩む。
悩むったって、好きで考えてんだけど(笑)
毎回、(ツアーでない限り)どのバンドでも一度エフェクトボードを空にして、エフェクター棚から一つずつメンテも兼ねてチェックしながらセッティングしていく。
長いときは、これで2時間ぐらいかけてしまう、、、、。
もちろんそれぞれのバンドによって、ある程度の定番エフェクターは決まってるのだけど、たまには、ほぼ総替えってこともある。
かといってエフェクター至上主義では無い。
時にはアンプ直結の時もある。
ああ、話がオタク話になりそうなんで戻そう。

今回はshimさん企画ライブでテーマがRomanticism。
HIROCINEMAなりのRomanticismな曲をチョイスしてみた。
したら、意外にもパワフルな曲が多くなった。
結局自分の中のRomanticismって、全然COOLじゃないんだよね(笑)
熱い。
んで、多分冷静なら駄目駄目で恥ずかしい、、、そこを無視して突っ走る感じ、
自分にとってはそれがRomanticism。
そんな再確認。
ほんとは、さらにそれをpopに表現出来ればなぁ〜ってのは常々思うのだけど、、、。

そんなライブはメンバーのアクの強さとの相乗効果で思いのほかヒートアップ!
もうCOOLのカケラもないぜ!ハハハハ!やはりこのバンドってロックだな。
そんな事思いつつライブ終了。

この日はいろんなアーティストの様々なRomanticismが観れて面白かったなぁ。
是非今後発展して行って欲しい企画でした。
c0068732_8523064.jpg

[PR]
by plusfactor | 2007-09-23 08:52 | ライブ編
<< 何者でもないよ ジャンゴ >>