カテゴリ:音楽オタクネタ編( 8 )

7/28 ヒロシネマニア編 TAN使用機材

完全オタクネタ&記録用

c0068732_1444810.jpg

アンプ 
fender twinreverb.mod (black face '68)

ギター 
Fender USA American Standard Telecaster
Fender USA MUSTANG

c0068732_1445079.jpg

エフェクター 
VOX V847→GUYATONE TUNER→BOSS:CO-2(コンプ)→BOSS:BD-2.mod→
BOSS:VB-2 (ヴィブラート)→AKAI:intellphase(フェイザー)→BOSS: TR-2 (トレモロ)→BOSS:RE20+EVペダル(テープエコーシュミレーター)→Electro Harmonix :Holy Grail(リバーブ)
[PR]
by plusfactor | 2011-07-31 14:45 | 音楽オタクネタ編

LIVE終了&ギター弦(オタク話)

HIROCINEMA LIVE終了しました。
来てくれた方々感謝!
ラスト、キングギドラの大暴れに当惑したゴジラはモスラの吐き出す糸にからんで絶体絶命かのようでしたが、その後、街に平和が訪れました。
果たして次回は!乞うご期待!
c0068732_1635546.jpg

で、話変わって今回ギターはMUSTANGとテレキャスターの2本だったんですが、弦をね、変えてみました。
ずっとこのところSITのSTAINLESSを愛用してたのだけど、オレの場合かなりハイ上げTONEだし、エッジ効かせまくりな設定だから、ちょっとハイが痛いかな?と思って、MUSTANGは元のダダリオのニッケル弦(10〜46)に戻して、テレのほうはSITのPURE NICKELってのにしてみました。
(ただ間違えて09〜46買っちゃたんですけどねw。)一応ふれこみは芯のある音だがギラつかずヴィンテージな音!とあるのですが、、、、う〜ん、ちょっとイメージと違ったかも?
確かに張りたてにもかかわらずギラつかないけど、なんか張って一週間ぐらいたった感じじゃね?とか思いましたw。
値段もSTANLESSよりさらに高くて1SET実売900円ぐらい。
う〜んこれだったら、やっぱSTANLESSのほうが好きかも?という結論に達しましたとさ。
要するに、痛いぐらいなギリギリのエッジがないと嫌みたい。
ただMUSTANGはニッケルの方が相性いいかもなぁ〜と(あくまで個人的主観っすよ)
ただMUSTANGはアーミングするのでね、ダダリオよりSITのほうが狂いは少ないですね。
これは、もう本当にそうです。
そんなギタリスト以外が読んでもさっぱり面白くないBLOGでした。失礼。
[PR]
by plusfactor | 2006-10-05 16:05 | 音楽オタクネタ編

DIYで小型ギターアンプ!

小型アンプが欲しくなったので、ここは一つ作ってみよう!と。
とりあえず回路関係はさっぱりわかりません(笑)
なんでコマーシャルちゅうマーシャルのおもちゃみたいなミニアンプをバラして回路をとりあえず流用。
そのうち改造するとして、まずはキャビをそれなりに作ってみて、どこまで音が変わるか?
あと、スピーカーも変えてみます。
ただ抵抗の関係とかで、おそらく回路も変えなきゃいけないと思いますが、まぁ、とりあえずやっちゃえ!
もしいい感じに鳴ったら、なんとしても真空管を搭載してTUBEAMPにしたい。
できればクリーントーンが綺麗に出る感じにしたいのだが、、、。
まぁ、ちょこっとした時間に少しずつやるつもり。
写真はキャビネット、回路、スピーカー、たばこ。
MDFと合板で作った。
コントロールノブがいずれ付くところはアルミ製。
これをレザー仕様にするつもり。
って感じで、オタクネタですみません。



c0068732_21434928.jpg
[PR]
by plusfactor | 2006-07-20 21:45 | 音楽オタクネタ編

言葉

詩人や作詞を得意とする人は本当に尊敬します。
創作活動において90%は詩で苦しんでじゃないか?(当社比)
曲(メロ、アレンジ他)で悩む事はほとんどない。
結構楽しく一気にできちゃう。・・ボツも多いけど。
だいたいまず映像やシーンが浮かんで、それを音に変換する感じなんだけど、
その時点で言葉なんて全く出てこない。
どっかプロセスを変えないと駄目なんだろうなぁ〜と最近思います。
[PR]
by plusfactor | 2006-04-20 19:49 | 音楽オタクネタ編

music

最近GETした音源たち。
c0068732_16381612.jpg

左から
■THE FLAMING LIPS/1992-2005 DVD
プロモ集です。基本的にプロモビデオって買わないのだけど、彼らは別。
奇妙でぶっ飛んだ映像はなんともいえない心地よさ。

■RAY WONDER/Hurray(左上)
20年振りに連絡とれた同級生に教えてもらったRAY WONDER。
かなりハマってます。持つべき物は同級生(笑)
Hurryは1stでローファイかつひねくれ満載のポップなアルバム、初期のPAVEMENTに近い?

■THE BIRTHDAY PARTY/LIVE 1981-82(左中)
THE MARK時代もっとも影響を受けたバンド。
今は気分的にはちょっと違うのだけどローランドSハワードのギターサウンドはやはり最高でやっぱりカッコいい。曲も80年代にしては他と違うモダン?な感じがあるなぁ。ヒリヒリですよ。

■RAY WONDER/A NEW KIND OF LOVE(左下)
左上と同じくRAY WONDER。
こっちのアルバムは随分と音も洗練されてきてます。
ローファイ感はなく、ひねくれ具合とロック(パンク)テイストが絶妙にCUTEさをかもし出してます。いいメロ多し。

■YO LA TENGO/I CAN HEAR THE HEART BEATING AS ONE(右上)
好きなバンドなのに、なぜか音源もってなかった。
これから買いそろえようと思ってます。
たまらない音空間、優しい歌声、奇妙な展開、ノイズ、とても絵画的で好きです。
ベッタリ、ノッペリと色を重ねるのですが部分的には異常なまでに繊細な線で書き込まれてる
そんな絵を思い浮かべます。

■BOARDS OF CANADA/the campfire headphase(右中)
こうゆうのエレクトロニカっていうのかな?
音のコラージュが多いのだけれど生楽器が多いのと、こだわり抜いて音処理されたであろう角の取れた丸い音。透明感のある水彩画にCG処理されたコラージュが入る感じ(個人的感想)
嫌いじゃないけど個人的にはこれだったらヴィンセントギャロのwhenのほうが色褪せてて好きかも。(いや、全然別ものなんですけどね、なぜか思い出したもんで・・・)

■THE FOLK IMPLOSION/ONE PART LULLABY(右下)
このバンドって初期、中期、後期で全然違ったりしますが、、。
これは中期になるのかな?ローファイ感は息をひそめ、曲調も少しダークになりかけてる。
どちらかといえばセバドーに近くなってる感じだと個人的には思いました。
まあその後ジョンが抜けてさらにダークになっていくわけですが、、、。
曲はすごくよいのですが、やはり初期のあの音の感じがないのは残念です。

ちなみにすべて個人的感想ですので。
この他に4、5枚買ったんですけどハズレでした。
でも今回は割とアタリ多かったかなー。
[PR]
by plusfactor | 2006-02-21 16:38 | 音楽オタクネタ編

ネックがネックだったわけよ。

最近JAGUARのネックの塗装を剥がし、ネックを削った。
少し太くて弾きずらかったのだ。
ウレタン塗装のツルツルした感じもあまり好きではないので、削った後は塗装無しのまま、
、、、と思ったが、ちょこっとオリーブオイルを塗りこんでみた。(いいのかな?)
いい感じの色も出て、結構気に入ってます。
これでもうちっと出番が増えるかなぁ、こいつも、、。
c0068732_2311793.jpg

[PR]
by PLUSFACTOR | 2005-11-24 23:11 | 音楽オタクネタ編

宣伝です。

今回ソロツアー用に制作した限定自主制作盤CD(-R)の販売をHPにていたします。
詳しくはHPのHOME,news,discoのいずれかのページよりアクセスしてください。
PLUS+FACTOR HP
1stよりも歌もの中心で8曲中6曲が歌ものですが、相変わらずのDEEPな世界です。
DEPTHS WANDERING / HIROCINEMA
Hiroshi Taniuchi Solo Works/ 1,000yen( incl.tax)
c0068732_1643425.jpg

んで、今迄に買ってくれた方、聴いてくれた方がこのBLOGにて感想などコメントしてくれると販売促進になるなぁ〜などと半ば強制してみる。
(いやもちろん批判、批評も受け付けますよ。)
よろしく。
というかこのBLOG最近来訪者が増えてんだけど、まるでコメントなしの寂しさなのさ。
オレの書き方がよくないんだろうなぁ、、おそらく。
アッチョンプリケ。(意味無し)
[PR]
by plusfactor | 2005-10-11 16:45 | 音楽オタクネタ編

ギターアンプシュミレーター聴き比べ(オタクネタ)

僕のスタイルは’65fender twin reverb(black face)に’65fender mustangをぶち込み、改造したreverbをぐいっと上げてギョワァワワワ〜ンとエッジのきいた音を出すスタイルだ。
もう何年もそのスタイル。アンプもギターも古いのでメンテは大変だが、これでしか出ない音があるいじょうしかたがない。
ただちょっと困るのは、宅録の時で、アンプから録れれば一番いいのだが、自宅ブースにアンプを入れてやってみると、、、かなりの音量まで上げないといい感じの音が出ない。
(ワンヴォリュームだからね)そのうえブースが狭いためreverbの音が回ってよろしくない。
んで、fender tweed系ってすんごいLOWが出るもんだから、けっこう床にも響いてて、今迄苦情はきたことないが、やはりちょっと気が引ける。
しょうがないのでfenderの小型(10w)アンプで試してみる。
おお、歪み系はいける!
でも、、、、クリーン&クランチ、そして僕の核、reverbサウンドはまるでダメ夫です。
結局、これはライン、つまりアンプシュミレーターでいくしかないなぁ、、と結論。
で、試行錯誤してみました。
もちろん普段レコーディングの仕事やなんかはアンプシュミレーター使ってますけどね、
自分の曲は、いつも悩んでしまう。
特にギターがキモな曲はね。
今回はいかに自分の音に近づけれるかの実験です。
まず、
■1、SANSAMP(classic)→HOLYGRAIL(reveb)*1
*1)大変優れたリバーブでデジリバのくせに全くデジタルっぽくない、そのうえつまみはたったの1コ+3種類のセレクトスイッチ!で、springをセレクト、これがfender reverbの感じそっくり!
c0068732_19184874.jpg

■2、VOX toneLab*vox社のアンプシュミレーターで真空管搭載
c0068732_19171825.jpg

■3、LINE6 POD*いわずとしれた超定番。これだけ現在借り物(笑)
c0068732_19191540.jpg

結果は
うーん、これがさらに悩むような結果じゃあないか!
●1はさすがアナログばっちりのレスポンスと温かみのある音。
この中で一番音が太かった(クリーン〜クランチのみで実験)
なにしろエフェクトもなんにも最初からついてないわけだから元音が悪いはずがない!
しっかりなってくれて、ギターのクセまで音に出る。
気になるのは、ちとノイズが多いのと、独特のクセのあるコンプっぽさか、、、。
クリーン&クランチの単音ソロなら迷わずこれか?
とにかく弾いてて気持ちのよい音です(僕にとってですので)

●そして2はルックスの良さと真空管に惹かれて買っちゃったやつです。
上面パネルのつまみだけですべてエデイットできるのでかなり音をおいこんで作り込めます。
今回はあくまで自分の音(セット)の再現なんで、迷わずセレクトしていきます。
さて出音は?
本物より少しジャキジャキした印象。
でもこれいつもそうなんですがこのジャキジャキがオケに入ったときは絶妙に音がたってくるんです。
ただこれだけで聴くとやはり少しジャキジャキ感が気になるところ。
でも存在感のある音です。
クランチは非常に良い感じ(個人的に好き)
クリーンは、これが特筆すべきですが、完全なクリーンっていうのが出ないんです。
なんていうかどうやってもほんのちょっと歪む、いいかえればまさにアンプっぽいのですけど、
この決して奇麗になりすぎないクリーンっていうのが僕は最高に好きですね。
レスポンスも素晴らしく、フィンガリングやピッキングのニュアンスもすべてひろうので、ある意味難しいかも。玄人向きな気がしないでもないです。
ちなみにさすがにVOXだけあって、VOXのシュミレートは目(耳)をみはるものがあると思いました。

●3は、これはある意味すごいです。(いまさらだけど)
やっぱ定番になっただけはある。
(昔、某書籍でレビューかいたくせに、、、)
しかもこれ初期型だから、今のXPとかだともっとすごいのかも、、。
これはもうCDの音です(笑)
アンプからなってるんじゃなくて、コントロールルームのモニターから鳴ってる音。
本当に良く出来てると思う。
ただ初期型のせいもあるのだけどレイテンシーが気になるのと、ハイがすこし足らない感じがしました。
調べた所Ver2からはハイの伸びが改善されてるそうです。(レイテンシーも)
あとPOD PROはハイがpodよりでてるらしいです。
これなぁ〜個人的にはギタリストよりエンジニアよりな機材っていう印象があるなぁ。
最終的な音のモデリングって言う感じ。
だから元音辿って行く作業(エフェクト切って、reverb下げて、、)ってやっていくととんでもなくしょぼい音になります(笑)
ようするに元音ありきで構築していくわけでなく、あくまで最終音の再現のような気がしました。
ただその再現能力は半端じゃなく脱帽です。
ちなみに今回はクリーン&クランチ(fender系)でしたがマーシャル系のほうが得意そうです。
個人的にはう〜んギタリストアイテムでは無く、宅録アイテムだなぁ。
あとルックスがちょっと、、、、。

という結果でした。
ま、最終的な作品の形にあわせて使えばいいのではないかと、、、。
要するに三者三様、それぞれ特徴ありますから好きにせいっ!ってことですか、、、。
どんなまとめやねんそれ!
、、、、、、、つづく
[PR]
by plusfactor | 2005-09-18 19:23 | 音楽オタクネタ編