カテゴリ:コンパクトエフェクター編( 7 )

DEVIEVER aenima

Z.VEX MASTOTRON 以来のFAZZです。
MASTOTRONも悪くはないんですが、自分のスタイルとはちょっと違うなぁ〜って感じで、ほとんど出番無しw
で、DEVIEVERのaenimaを購入
超ハイゲイン、オルタナ以降の歪みで、一見(一聴)僕のスタイルとは全く真逆なところがミソ(笑)
このところ基本クリーン+クランチで地味になりがちなスタイルになっちゃってるんで、ここぞ、って時にブチ壊そうと(笑)
とりあえずHIROCINEMAで使うにはまだ試行錯誤が必要だけど、次回のLOCO-APESのライブで使い倒そうと思います。
LOCO-APESなら合う気がするなぁ〜。
2010/11/24(wed) 東京池袋手刀 手刀八周年記念「COLORFUL」に出演します。c0068732_7402152.jpgc0068732_739558.jpg
[PR]
by plusfactor | 2010-11-05 07:41 | コンパクトエフェクター編

DERAX OD-7

昨日、楽器屋に弦を買いに行ったのだが、久々の楽器屋で、なんだかウキウキ。
エフェクターみても知らない新商品いっぱい列んでて子供のようになってしまったw
その中で、DERAX というメーカーのOD-7が目にとまった。
c0068732_1402369.jpg

スペックは↓こんな感じらしい。

DERAX OD-7は、メインの歪みエフェクターとしてだけでなく、チューブアンプブースターとしても使えるオーバードライブです。歴史的な銘機のTSを参考にJRC4558オペアンプ、ドイツWIMA社のコンデンサ、精度の高い抵抗など高品質な素材を駆使して製作しました。

3種類(TS/BRIGHT/WARM)のオーバードライブ・モードを搭載。
エフェクト・オフ時の音の劣化を防ぐトゥルーバイパス仕様。

ふーん、なるほど。
TSを参考にしてるってわけか、、。
で、手に取って裏を見てみる。

MADE IN CHINA

なるほど。
確かに見栄えの割には安い。(定価8,190円)
この楽器店では6,700円、後で調べたらwebなら5,000円前後で買える(ガーン!)
とりあえずJRC4558オペアンプだろうが、ドイツWIMA社のコンデンサだろうが
まずは試奏、
僕はメインセットはHAOのRustboosterでツインリバーブ(黒パネ)を歪ませるので、
歪み系いらないのだけど、最近はメインセットでライブする事が少なくなって、
小屋のアンプ使うか、もしくは持ち込みの小型アンプ(blues jr)使います。
その場合は、やっぱ歪み系いるので、いままでいろんなの買って試行錯誤してきた。
で、今のところVOXのbigben overdriveに落ち着いてるのだけど(07年1月23日の日記参照)日記にも書いてるように、欠点はデカイ、重い。
それに比べたら、DERAX OD-7はその約3分の1。
大きさ合格〜〜〜w
音は?
これがまた、まず最初の印象は、ん?VOX Bigbenに似てるな?
という印象。
歪み率はVOXより若干少ない気も。
3時ぐらいでやっとクランチから歪みになるかな。
これは結構自分にとってはいいかも。
基本クリーンで使いつつクランチが多いので、その調節幅が広い方がいいもんね。
で、モードスイッチ変えてみる。
あら、かなり変わるね。
brightはかなり高域が強調される。
WARMはその名の通りウオームなんだろうけど、、、、
若干レベル下がるね。
その下がった分レベルあげる的な、ちょっとコンプ的な底上げウオームなのか?といったところ。
あとTONEのノブが気になったかな。
4時ぐらいから急に高域が持ち上がる。
かなりカーブキツいと予想。
そんなで、15分ぐらい試奏したかな?
いろんなタイプのバッキングしてみたけど、駄目なとこが無い。
でも、めちゃくちゃ良い訳でもないw
でも、駄目なとこないって、いがいとスゴイかも?
基本的に派手では無いのでね、ブースター的に使えるのもわかる。
ってことで、いつもなら後日考えて、買うのはネットってパターンだけど、
何しろスタジオ通いでストレスがっ!!!!
ええいっ!買っちゃえ!ってw
で買っちゃいましたwww
ネットより千5〜6百円高いね。
まぁいいか。
早速スタジオでアンプに繋いでみたら、楽器屋での試奏より好印象。
やっぱいがいに使えるかも???
値段考えたら、満足かな。
[PR]
by plusfactor | 2010-08-24 14:03 | コンパクトエフェクター編

VOX COOLTRON / Big Ben OverDrive

c0068732_1315613.jpg

これなかなか素晴らしいです。
どんどん気に入っていくなぁ〜。
すごく原音に忠実な気がします。
GAINを下げた状態だと高品位なプリアンプ?な印象です!
それぐらい色づけが少ないと思います。
(つまりギターやピックアップの違いは顕著に出る)
んでGAIN 10時位からだんだん音に腰が出てきます。
12時ぐらいで、やっと少しクランチな感じ。
3時くらいからはかなり歪んできます。
かなり歪むといっても、他と比べれば歪みは浅い方だと思います。
しかし音に腰がはいりウォームにブーストされる感じで音圧は得られます。
もちろんブースターとしてもイケてます。
トゥルーバイパスでノイズもないし、いい感じ。
欠点はでかくて重い事だろうか、、。
あとこのCOOLTRONシリーズって電池で真空管を駆動出来る画期的なシステムらしいのだけど個人的には別にACでもいいけどなぁ〜と、まぁ放熱とかも関係するから、これがいいのかも知れないが、、そしてCOOLだけに真空管が青く光る!ちょっと笑える。
ちなみに以前kのBLOGでBOSSのBD-2が欲しいなぁ〜と書いたが、実はBD-2とBig Benを試奏してこっち買っちゃいました。
BD-2も悪くないけど、、、これに比べると明らかに作られた感があるなぁ〜と。
BD-2はフルにするとこっちよりガンガン歪みますけどね、歪みの質が求めてたのと違ったし、そこまでの歪みは必要ないんでねー。
値段はこっちが2倍以上なんでベーシックな部分でのクオリティは当然高いと思ってますけど、、、まぁ結局は好みですからね。
とりあえず早くライブで使ってみたいです。
[PR]
by plusfactor | 2007-01-23 01:36 | コンパクトエフェクター編

BOSS/CS-1,2,3

先日BOSSのCS-1(銀ネジ)と2台目となるDM-2(初期/MN3005,MN3101)を入手した。
DM-2は持っていたのは後期(MN3102,MN3205)だったのだが、聞き比べて、、、。
正直オレには違いがわからん(笑)
「いや、そんな事は無い!」って人いたらどー違うかおせーて。
でもとても好きなエフェクトなんで、おそらく2台とも繋いでtime変えて使うと思う。
んで、CS-1。
持ってるのはCS-2,CS-3,あとMXRのダイナコンプ、Maxon(初期)ぐらいか、、。
コンプはライブではあまり使わないのだが、使う時はCS-2かな。
ダイナコンプは最近少し調子悪くブチブチとパルスノイズがする時がある。
なぜだかわからないけど、、修理が必要だろうなぁ、、。
んで、早速歴代コンプ聞き比べ。
なるべくリファレンスに適した機材をチョイス。
g=STEINBERGER(GMT4,EMG)かぎりなくエフェクトのカカリが良いため。
ケーブル=EXpro PLATINUM SERIES,色づけの少ないケーブルだと思うので、、。
amp=fender小型アンプをクリーン&EQ ALL5で。
結果、CS-1はCS-2にくらべてかかりが深い、ダイナコンプに近いかかり方をする。
MODEスイッチでNORMALとTREBLEを選択できるので、ある程度こもりを解消できるのは嬉しいところ、ある意味エグいかかりかたをするので、狙った感じで使うにはいいかも。
あとLEVELの可変が少ないかな、フルでもCS-2程には上がらなかった。
でも、なにぶん古いから壊れてる可能性もあるが、、。
音作りの幅でいえばCS-2かな。
で、CS-3は正直、音痩せしすぎ。
なんでこうも違うのか?というほど良くないなぁ〜。(あくまで個人的にです)
いや随分前に手に入れて、そんときもそう思って、使ってないんだけど、、。
今回あらためて思ったなぁ。
やっぱBOSSのでツマミが4つってのはどーもいい音しない傾向がある気がするのだが、、どうなんだろう?
なんだか簡単なレビューで申し訳ない。
ちなみに当然個人的感想ですから、あしからず。
c0068732_18101366.jpg

[PR]
by plusfactor | 2006-12-12 18:10 | コンパクトエフェクター編

HIROCINEMA LIVE&VOX vibraVOX

気がつけば明日LIVE! はやっ!
なんだかんだやる事やってたら「あっ」という間に一日が終わる。
ヨーグルト食べて頑張ろうw。
c0068732_22405790.jpg

■10/4(水)HIROCINEMA LIVE
三軒茶屋グレープフルーツムーン  
HIROCINEMA / Life-Like / イカボール / 竹内藍
OPEN18:30 / START 19:00  CHARGE¥1,900(ドリンク別)
*HIROCINEMA出番はトップで19:00からです。

そういえば今回のライブの為に新たなエフェクター買いました。
なんでレビューでもひとつ。
VOXのVibraVOX / COOLTRON ってやつですが、なかなか良いです。
今までトレモロはBOSS(PN-2)だったんだけど、納得いかなかったんで買い替えたのです。
さすがに値段が倍以上するだけはあります。
最初考えてたのはエレハモのWORMで、音は非常にアナログでよかったのですが、設定の幅と波形が今一で、バッバッバッと切れた感じの音ができないのと、ワウとかフェイザー他4種類も入ってて、そのどれもが中途半端な感じだったんで、パス。
次に店員のすすめでBOSSのトレモロ(トレモロ/パンでないやつ)。
PN-2よりは良いが、やはり音痩せ、音圧ない感じはどーも、、、。
で、VOX。
トゥルーバイパスなのと真空管仕様で音痩せ全くない、どころかVOLUMEツマミで増幅できます。その際少し歪むのですが(それが真空管による歪みかどうかはわからん)それがいい感じです。あとSKEWっていうツマミがついてましてこれで立ち上がりと下りの波形の滑らかさの割合を変化できます。
なんでわりと今までに無いトレモロの音が作れます。
妙に立体的な感じといったらいいのかな、、。
さらに切り替えでヴィブラートにもなりますが、2ch仕様なので例えば1chトレモロ2chヴィブラートも可能で、それぞれスピードのみ設定を変えれます。
また、面白い使い方として1ch,2chともにトレモロ(orヴィブラート)にしておいてスピード設定を極端に変えておきます、んで1chから2chに切り替えると、なんと!スピードが徐々に変化するためレスリースピーカーのような効果になります。
ただし瞬時に切り替えたい場合は使え無いってことですw。
そんな感じで今日一日使い倒してだんだん愛着が湧いてきましたよ。
まぁ難を言えばルックスが今イチ(個人的趣味趣向によるのですけど)なのとツマミが多すぎる事でしょうか。
楽器屋で試奏時に気になった音の立ち上がりがギラつく感じは、今日家で弾いてみるとかえって好感の持てる感じになりました。
バンドで音だしした時にも埋もれない音でいてくれるでしょう。
そんなNEWアイテムも武器にLIVEに望むわけですよ!
みなさんもうバンバン来ちゃってください〜!
[PR]
by plusfactor | 2006-10-03 22:42 | コンパクトエフェクター編

どれにしようか?考え中。

気がつけば明日LOCO-APES夏のプチツアー初日じゃないすか!
そんなで機材類のチェクやらメンテやら、、、。
そういえば最近HIROCINEMAではギターはもっぱらクリーン音で歪みはほとんど使わないので歪み系のエフェクト無しでもよかったんですが、LOCO-APESはそうはいかない事に気づき、あわてて歪み系を用意したのですが、どうもどれ使うべきか悩む。
この間のリハでも3つほど試したが、どーも今イチ。
もしや持ってる中(写真)に合う歪み系エフェクトはないのかも!
やっぱ買い!?
ちょっとなぁ〜BOSSのブルースドライバーは気になってるんだよねぇ〜
値段も手頃だし、、、。
と、持ってないものに空想逃避してもはじまらん!
とりあえず明日のだけでも決めなきゃ!
そんなであっという間に時間は経つのでした。

写真/歪み系エフェクトたち。
オタクネタついでにエフェクトネームも載せときますね。
BeeBaafuzz AF-100のレプリカ(!)/Rolandの偽物(!)
FUZZ MASTER FM-3/ACE TONE
OVERDRIVE FX50-B/DOD
CRUNCH+ATOM DISTORTION AD-1/Cranetortoise
BLUETUBE/Tube Works
DISTORTION+/MXR
RAT(初期型)/PROCO
D&S2 OD 802/maxon
TURBO Over Drive OD-2/BOSS
RUST BOOSTER/HAO
SANSAMP classic/Tech 21
c0068732_14143360.jpg

[PR]
by plusfactor | 2006-07-16 14:15 | コンパクトエフェクター編

FUZZ


c0068732_13542910.jpgFUZZはずっとBeeBaa FUZZ/AF-100/Roland(写真シルバーボディの方)を使用してた。
、、、と、言いたい所だが、実はこれなんと!レプリカ!
スッゲー良く出来てる。
本物との違いは電源がACアダプターであることと、SUSTAINつまみにON/OFFが無い事。
音は本物持ってないから、同条件での聞き比べができないので、なんとも曖昧だが、印象ではやはりかなり近いような、、、。
ちゃんとBee!と鳴り、スイッチングでBaa!と鳴ります(笑)
そしておそらく本物よりノイズは少ないです。
あと、TREBLE BOOSTERが付いてるのですがONでかなりゲインが上がります。
つーか上がりすぎます(笑)TREBLEだけでなく全体的にぶっとくなるので、実はFUZZモードより、BOOSTERモードのほうがよく使ったりします。
とある某中古店(楽器屋ではありません)に破格の値段であったので、音は聴けなかったけど
即買いしたのです。(もちちゃんとレプリカと表記されてました)
で、家に帰ってさっそく試奏、あんま期待してなかったのだけど、
おおっ!これは良く出来てる!
TONEの可変幅は少ないものの、全体の音圧感はいい感じ。
粗さの無い、どちらかというときめ細かい歪みか?70’sっぽい日本のFUZZという感じ。
ただ、レプリカだからか、暴れる感じの印象が皆無なのが少し気になったが、
かえって使いやすいか?とおもい 、満足して使用してました。
、、、が!
スタジオリハで大音量で鳴らしているうち、どーも暴れ具合のなさが物足りなくなりました。
というのも、そのころ友人にZ-VEXのFUZZ FACTORYを借りていて、ものすごい暴れ具合と凶暴性(発振など)に完全にヤラれちゃってたので、ちょっとやそっとじゃ満足出来なくなってた。
で、エフェクトボードからBee Baa FUZZ(レプリカね)は外される事となりました。
でもFUZZは欲しい!
しかしFUZZ FACTORYはちょい高すぎて手が出ない、、、。
そんなとき神の恵みか!
c0068732_1354177.jpgあるいきさつでACE TONE FUZZ MASTER/FM-3をGET!!!(写真黒ボディ)
もちろん本物です。
最初全く音が出なかったが、ハンダし直したり、接点復活剤によるメンテで完全復活!!!
うおぉおおお!
めちゃくちゃいいじゃん!
機種が違うとはいえ、これがレプリカとビンテージの違いか!?
もう音が匂うんです(笑)
音も太いっ!Bee Baaレプリカも太いと思ってたが、全然種類が違う。
例えるなら同じ太さの木材でもかたや真新しい木、かたや年期の入った深みのある木。
そんな感じ。
VOLUMEの可変はわりと少なめだが、TONEはかなり効きます。
BOOSTERモードにもTONEがついてるのが嬉しいところ。
かなり幅広い音作りが可能。
しかも適度に暴れる感があります。SUSTAINを絞ると、これまたイナタァ〜イ歪みが!
そしてエフェクトボードにFM-3は組み込まれたのでした。
めでたしめでたし。
[PR]
by plusfactor | 2005-10-19 13:56 | コンパクトエフェクター編