<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

映画音楽制作

昨日は『なにかが壁を越えてくる』監督/榎本憲男(主な監督作品『見えないほどの遠くの空を』http://www.miesora.com/)の音楽製作に携わりました。
古くからの友人で塚本晋也監督作品などを多く手がけたプロデューサーの川原伸一氏も交えての作業。
主に持ち込んでもらった、サウンドデータを映像に合わせて編集&MIX、他にその場で川原氏がシンセで音入れたり、ウクレレ録音もしました。
あと、榎本監督の希望で、僕もエレキギター弾きました、わりと得意分野な感じの要求だったので、
わりとすぐにOK出て良かった。
そういえば、ちょっと前にブースに(映像)モニター設置しておいて良かった!
おかげでブースで映像見ながらの録音が出来た!(というか無かったたらどうしたのだろう?)
mixは一度映像とタイム合わせをした後は、映像を同期させてると重くて動きが鈍いので、映像(QT)をオフラインにして詰めてたのですが、mixをあらかたした後に映像を+すると・・・
あららら、全然別物になっちゃうんですね〜
映像無いとつい、音楽だけで完結させる方向にいくので、かなり音楽が主張していくのですが、
これが映像と合わせると、場合によっては、この主張がものすごく邪魔!
いや、勉強になりました〜というか、ストレス無く同期させてサクサク動くシステムが欲しい〜
他に巧いやり方あるのかな?
c0068732_12583441.jpg

あと、映画ってもの凄くトラック数使うのですね〜ちょっとビックリ(←無知)
効果音、アフレコも含めると200とか300トラックオーバーなんてざらだそうです。
今回は音楽のみでしたが、全曲別トラックとなるので、60トラックぐらいになりましたね〜。
にしても、映像に音つけるのは楽しいなぁ〜。
[PR]
by plusfactor | 2011-12-28 13:02 | PLUS+FACTOR STUDIO編

HOLY GARDEN vol.4-音の力学-

c0068732_0584849.jpg

東ハトやっぱやってくれるね〜
SALTYバターっていうクッキーめちゃ美味い!
ってまたお菓子の話になっちゃた。

ちゃんと音楽もやってます。
22日は↓これ!
HIROCINEMA初のトリオヴァージョン!
G+Vo,Bass,drumsの3ピース!
3ピースといえばロックではド定番な編成だけど、
HIROCINEMAでは逆にレア!
どうなるんだろ〜?www
自身で楽しみ〜
是非遊びに来てねー!
c0068732_059063.jpg


HOLY GARDEN vol.4-音の力学-
2011年12月22日(木)
@高円寺ペンギンハウス
OPEN 18:30 START 19:00
CHARGE ¥1,800(+1DRINK)

[出演]
●nenjango(http://nenjango.jimdo.com/)
HOLY GARDEN主催のshimを中心としたユニット。今回は初のトリオ編成で、21世紀のサイケデリック・フォークを放ちます。bass/DENDEN, drums/古谷隆行

●pagtas(http://www.geocities.co.jp/pagt_as/)
坂田律子(Vo/g)によるメンバー不定ユニットがソロで登場。不思議なポップ感に溢れた坂田さんの曲は、一度聴いたらヤミツキ間違い無しです!

●HIROCINEMA(http://hirocinema.com/)
印象派ギタリスト・ボーカリストTAN氏が「映画のように音楽を」をコンセプトに結成したシネマライズド・ロックバンド! 今回はトリオ・バージョンでの参加です。

●te_ri(http://www.myspace.com/teritokyo)
村上巨樹(g)と片山貴志(dr)による、超絶インストゥルメンタル・バンド。2011年4月にはヨーロッパツアーを行うなど、ワールド・ワイドに活躍中の大注目株!

ペンギンハウス
〒166-0002東京都杉並区高円寺北3-24-8みすずビルB1」TEL/FAX : 03-3330-6294
http://penguinhouse.net/
[PR]
by plusfactor | 2011-12-21 01:05 | ライブ編

マイクケーブル音質比較検証/plus+factor studio

PLUS+FACTOR STUDIOは主にVoやSOLO楽器用のメインとなるマイクケーブルは、マイクプリからブースに直にルーティングしてます。(メイン以外はマルチBOXです)
それはなるべく接点を増やさない=音質を極力劣化させたくないという理由ですが、その直ルーティングに関してもマイクケーブルの種類を3種類選択出来るようにしています。
まぁそれほどマニアックでも高価でもない、わりと定番ケーブルですが、、、
1:CANARE/L-4E6S
2:PROVIDENCE/STUDIO LINE for RECORDING SERIES SL-R2L62
3:BELDEN8412
以上の3種類です。
c0068732_1423010.jpg


で、今日いろいろ作業してて、ふと思いました。
一応3種類用意してるものの、本当にどれだけどのような違いがあるのか、自身でわかってるのかな?と(笑)
正直、いろんな情報を鵜呑みにして納得してるつもりで使ってるような気がします。
なので、やはりここは検証せねば!と。
思い立ったが吉日!検証してみました。

まず正確な比較をしたかったので、全て同じ環境で、マイクケーブルのみ違う状況を考えました。
本当は歌でやりたかったのですが、同じように歌うのは不可能。
なのでエレキギターでサンプリングループできるディレイをはさみアンプへ。
弾いたフレーズをループさせて、アンプから出しマイク録り。
マイクからプリ、そしてインターフェイスへREC。
全て同じ状況下でマイクケーブルだけを変えてみました。
写真がRECした波形
c0068732_1425256.jpg

見た目は全然違いがわかりません(笑)
というか、全くと言っていい程、まるでコピーしたかのような感じです。
(拡大してみても違いが無い、、、)
まぁマイクケーブル変えたぐらいで目に見えて波形が違うようじゃそれもまた困る訳ですが、、、
で、あまりの波形の違いの無さに、一応波形頭を全て揃えて、2つならして一方を逆相にしてみます。
あ、ちゃんと聞こえますわ(笑)やはり変化有るってことですねwww
(ちなみに全く同じの場合、例えばコピーした波形を逆相にすると音が完全に消えます)
ってことで、いざその違いはいかほどなのか集中して聴いてみました。
↓検証音源(mp3)
CANARE
PROVIDENCE
BELDEN8412
・・・・・
予想はしていたけど、やはり微妙ですね、歌だともう少し顕著だったかも?
印象としては、CANAREを基準としたなら、PROVIENCEは少しブライトで立つ感じ。
BELDEN8412はベースによく使われるだけあって、少し太いというかいなたいというか、、、。
まぁ、ほぼイメージした通りの方向性なんですが、もう少し変化があるのかなと、思ってました。
といってもこれはあくまで僕の主観ですから他の人はどう感じるかはわかりませんが、、、。
あと、『このケーブルは凄いよ!』なんてのも教えていただけたら嬉しいっす。
当然、鵜呑みにせず検証するわけですけど(笑)
[PR]
by plusfactor | 2011-12-20 02:21 | PLUS+FACTOR STUDIO編

『Strings of Life vol.4』

数年振り?
のTAN SOLOでのLIVEです。
guiterと歌。
と言ってもアコギじゃないです。
エレクトリックギター弾き語り。
ギターインストもやると思います。
今後はSOLOも定期的に続けて行こうと思います。

12月9日(金曜)
『Strings of Life vol.4』
open7:30start8:00
¥1000+1drink
小金井アートスポット シャトー2F(ニーエフ)
JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分
小金井市本町6−5−3 シャトー小金井2階

出演
TAN (HIROCINEMA)guitar&vocal
萬年将人 steel pan
吉本裕美子 guitar
YAMADAMINZOKU guitar/etc…
[PR]
by plusfactor | 2011-12-08 07:51 | ライブ編